11月1日から9日まで大エジプト博物館保存修復センターにて無機物研修II (非金属資料の保存修復)を実施するにあたり、日本から以下の5名の講師を招聘しました。   及川崇 :保存修復専門家 阿部善也:東京理科大学 助教 小林芳妃:保存修復専門家 古賀路子:保存修復専門家 島津美子:国立歴史民俗博物館 助教 本研修では、単に修復技術を移転するだけではなく、ドキュメンテーションと状態調査、保存修復方針の決定、保存科学との協力体制、調査・修復報告書の作成といった保存修復活動全体に関わる人的・物理的システムの構築を目標としました。 まず、無機物ラボスタッフによる活動報告及び問題点の報告により、ポッタリー、ファイアンス、ガラスの保存修復における問題についての理解と、過去に使用された修復材料の除去に関する情報を得ました。その後、島津講師にポリマー及び溶剤についての講義を頂き、過去修復材料の除去クリーニングに必要な科学的根拠の理解を促しました。また及川講師によるクリーニングマテリアルの紹介と実習により、クリーニング法の選択肢拡充を図りました。 適切な保存修復計画の策定のためには、遺物の材質と保存状態の把握が必要です。そのために、阿部講師によるポッタリー、ファイアンス、ガラスの材料に関する講義及び劣化メカニズムの理解を目的とした講義を行いました。さらに各種観察(顕微鏡、XRF、XRD)実習により、各遺物の材質・劣化メカニズムの理解が深まりました。 ポッタリー、ファイアンス、ガラスといった特性の異なる材質について、小林講師と古賀講師による各種接着剤を用いた接着実習を実施し、科学的根拠に基づいた理解を深めた他、使用時の感触と効果を体験し、各遺物の状態や目的に応じた接着法・充填法の選択をするための科学的根拠と経験を蓄積しました。 終いに本研修は3連続研修の最後となりますが、とても充実した研修だったと研修生から好評でした。

無機物研修(非金属)を実施しました


At the Grand Egyptian Museum Conservation Center (GEM-CC), Japan International Cooperation Agency (JICA) conducted the training course on Inorganic objects (non-metal) II from 1st~9th November by inviting 5 experts from Japan as follows: – Mr. Takashi Oikawa: conservator (Freelance) – Dr. Yoshinari Abe: Scientist (Tokyo University of Science) – Ms. Hohi Kobayashi: Conservator (Freelance) – Ms. Michiko Koga: Conservator (Freelance) […]

Report on Inorganic objects Training course (non-metal) II


في يوم الأحد الموافق 1 نوفمبر وحتى 9 نوفمبر عقدت هيئة التعاون الدولي الياباني دورة تدريبية في المواد غير العضوية (غير المعادن) 2 في مركز الحفظ والترميم بالمتحف المصري الكبير. قدم الدورة خمس خبراء يابانيين كالتالي: – الأستاذ تاكاشي أويكاوا: مرمم. – الدكتور يوشيناري أَبِه: عالم ترميم بجامعة طوكيو للعلوم. – الدكتورة يوشيكو شيمازو: عالمة ترميم بالمتحف التاريخي القومي. – […]

تقرير عن الدورة التدريبية في المواد غير العضوية (غير المعادن) ...



9月2日から9日まで日本から3名の講師を招聘し、大エジプト博物館保存修復センターにて無機物研修Ⅲ-金属資料の保存修復研修を行いました。 講師 藤澤 明: 帝京大学 文化財研究所 講師 及川 崇: 保存修復専門家 邊牟木 尚美:金属保存修復専門家 保存修復センターの各ラボから10名の研修員と5名のオブザーバーが参加しました。 本研修では、先に行われた無機物研修Ⅰ-金属資料の状態調査の内容を下地とし、金属資料の保存修復をテーマとしました。文化財に使用されている金属には様々な種類がありますが、本研修では主に青銅資料を対象とし、保存修復倫理に基づいた保存修復計画立案が行えることを目的としました。 本研修では溶剤で溶解しにくい樹脂など、通常業務において研修生たちが使用していない材料や方法も含めて、講義と実習を行いました。クリーニングについては限定的な場面において化学的手法を使用することもあることを強調し講義・実習を行いました。接合については可逆性がないとして使用を避けられてきたエポキシ樹脂は、遺物の状態や使用法によっては取り外しできるという再処理性について理解を得ることができました。最終的な保存修復計画立案実習では、講師側からの質問に対して適切に応えることができ、研修生が青銅器の保存修復に関する様々な方法を理解し保存修復理論に基づき最適な保存修復計画立案を行えるようになりました。

無機物研修Ⅲ-金属資料の保存修復を実施しました


At the Grand Egyptian Museum Conservation Center (GEM-CC), Japan International Cooperation Agency (JICA) conducted the training course on Metals (conservation treatment) from 2nd – 8th September, Instructed by 3 Japanese experts in this field as listed below: –       Dr. Akira Fujisawa: Lecturer, Institute of Cultural Properties, Teikyo University.) –       Dr. Naomi Hemuki: Conservator –       Mr. Takashi Oikawa: Conservator 10 from […]

Report on Inorganic Objects (Metals) Training course III


في يوم الأربعاء الموافق 2 سبتمبر وحتى 8 سبتمبر عقدت هيئة التعاون الدولي الياباني دورة تدريبية في المواد غير العضوية (المعادن) III في مركز الحفظ والترميم بالمتحف المصري الكبير. قدم الدورة ثلاث خبراء يابانيون كالتالي: –   الدكتور أكيرا فوجيساوا: أستاذ بجامعة تيكيو، مؤسسة البحث العلمي للتراث الثقافي –   الدكتورة ناعومي هيموكي: مرممة – الأستاذ تاكاشي أويكاوا: مرمم اشترك في الدورة […]

تقرير عن الدورة التدريبية في المواد غير العضوية (المعادن) III



في يوم الثلاثاء الموافق 25 أغسطس وحتى 31 أغسطس عقدت هيئة التعاون الدولي الياباني دورة تدريبية في المواد غير العضوية (المعادن) في مركز الحفظ والترميم بالمتحف المصري الكبير. حيث تم دعوة خبيرين من اليابان بالإضافة إلى ثلاثة خبراء يابانيين كانوا موجودين في مصر كالتالي: –   الدكتور فومِيوشي كيرينو: أستاذ بجامعة طوكيو للفنون، قسم علم الترميم –   الدكتور أكيرا فوجيساوا: أستاذ […]

تقرير عن الدورة التدريبية في المواد الغير عضوية (المعادن)


At the Grand Egyptian Museum Conservation Center (GEM-CC), Japan International Cooperation Agency (JICA) conducted the training course on Metals (Documentation and analysis) from 25th – 31st August by inviting 2 experts in this field from Japan together with other three instructors who had been in Egypt listed below: –       Dr. Fumiyoshi Kirino: Professor, Conservation Science, Department of Conservation, Graduate school […]

Report on Inorganic Objects (Metals) Training course


8月25日から31日まで日本から5名の講師を招聘し、大エジプト博物館保存修復センターにて無機物研修Ⅰ-金属資料の状態調査を行いました。 講師 及川 崇: 保存修復専門家 桐野 文良: 東京芸術大学大学院 美術研究科 文化財保存学専攻 保存科学研究領域 教授 藤澤 明: 帝京大学文化財研究所 講師 増渕 麻里耶:東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター アソシエイトフェロー 邊牟木 尚美:金属保存修復専門家 保存修復センターの各ラボから10名の研修員と5名のオブザーバーが参加しました。 保存修復研修では、単に修復技術を移転するだけではなく、ドキュメンテーションと状態調査、保存修復方針の決定、保存科学との協力体制、調査・修復報告書の作成といった保存修復活動全体に関わる人的・物理的システムの構築を目的とします。 本研修では金属資料の状態調査をテーマとしました。金属資料は、ひとたび発掘されると、大きく環境が変化し、腐食をはじめとする劣化が急激に進行することがあります。そこで本研修では、金属資料の状態を観察および自然科学的調査により評価し、保存修復処置に必要な情報を得ること、およびそのために必要な保存修復専門家と分析専門家が協力関係を構築することに主眼を置きました。 状態調査票作成を始め、写真撮影、各種観察法(光学顕微鏡、電子顕微鏡)、機器分析(蛍光X線分析、X線回折分析)に関して研修生が実践を通してこの理念を定着できるように実習を進めました。また、研修員にサンプルや必要な道具を配分し、3つグループに分け、各ドキュメンテーションを通して、全員交替で各機器分析をしました。

無機物研修Ⅰ-金属資料の状態調査を実施しました



8月17日から23日まで日本から3名の講師を招聘し、大エジプト博物館保存修復センターにて文化財の診断技術・分析法研修IIを行いました。 講師 桐野 文良:東京芸術大学大学院 美術研究科 文化財保存学専攻 保存科学研究領域 教授 藤澤 明:帝京大学文化財研究所 講師 増渕 麻里耶:東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター アソシエイトフェロー 保存修復センターの各ラボから10名の研修員と7名のオブザーバーが参加しました。 科学分析は、特定の物理的・化学的現象を利用しているため、得られる結果は現象に依存した限られた情報でしかありません。文化財の診断・分析を行う際は、目的に応じて複数の手法を選択し総合的に結果を考える必要があります。本研修は、文化財の診断技術・分析法を学び、単一の分析法だけに頼らず必要に応じて分析法を選択し、得られた結果を総合的に判断できる人材を育成することを目的としました。 文化財の診断・分析において、的確な診断・分析計画を立案できる人材を育成する一環として、観察だけでは明らかにできない事項について、研修員が必要に応じてX線透過撮影、蛍光X線分析(XRF)、X線回折法(XRD)の手法を使い、目的に合った的確な結果の取得が可能になることを今回研修の達成目標としました。 第二回目となる今回の研修では研修員の殆どがX線を取り扱うのが初めてで不慣れなところが多かったためX線機器取扱い安全の理念を定着させる必要がありました。 X線透過撮影の基礎・XRFの基礎と文化財への応用・XRDの基礎と文化財への応用などの講義を実施しました。その中、実習形式で研修員を二組に分けて実際にサンプルをXRF・XRDで分析し、それにより得たデータを解析しました。このように実習を進めることで研修生が実践を通してこの理念を定着させることを主眼としました。

文化財の診断技術・分析法研修IIを実施しました