Daily Archives: 2010/05/01


١ مايو ٢٠١٠  بدأنا العمل على فحص القطع الأثرية المختارة للمتحف المصرى الكبير والموجودة حالياً بالمتحف المصرى بالتحرير(Egyptian Museum: EM).  إستكمالاً للمرة السابقة سنخبركم عن تقدم سير عمل فريق الـADD.  تم الإعداد لبدء عمل الـADD وحدة قاعدة البيانات الأثرية فى المتحف المصرى الموجود بالقاهرة (EM) منذ العام الماضى، لكنه بدء فعلياً منذ ١١أبريل للعام الحالى. يجرى العمل فى الوقت الحالى […]

بدء العمل على فحص القطع الأثرية المختارة للمتحف المصرى الكبير ...


١ مايو ٢٠١٠  يقوم الخبير المتخصص فى مجال تكنولوچيا المعلومات (قواعد البيانات) الأستاذ/ سوزوكى بإيفائنا بالتقارير التى توضح تقدم سير العمل بوحدة قاعدة البيانات الأثرية (ADD).  وقد بدأت عمليات نقل الآثار التى سيتم عرضها فى المتحف المصرى الكبير (GEM) من مخازن حفظ الآثار الموجودة فى ضواحى القاهرة منذ يوم ٢٧ يناير لهذا العام.   حيث تقع مسؤولية  نقلها على عاتق الجانب المصرى […]

بدء عمليات نقل القطع الأثرية المختارة للمتحف المصرى الكبير


エジプト考古学博物館(Egyptian Museum: EM)で大エジプト博物館用の文化財の調査を始めました。  2010年5月1日 前回に引き続き、ADDの作業の進捗をお伝えします。 ADDでは、カイロにあるエジプト考古学博物館(EM)での作業を開始するために、昨年から調整を行ってきましたが、2010年4月11日より、遂にEMでの作業を始めました。現在、1階の中王国時代の展示スペースの一角にある小さな倉庫の文化財のデータ照合・測量・撮影をギャラリー内スペースで行っています。ギャラリー内で行っているため、観光客もADDの作業の様子を見学することができます。今回の調査対象となる文化財はほとんどがステラ(石碑)です。 作業は、カイロ近郊の文化財保管庫で行った調査とほぼ同様で、①EMの学芸員が、ADDが作成した大エジプト博物館収蔵予定文化財リストをもとに文化財を探し、②ADDスタッフが測量、③ADDスタッフが写真撮影、④GEM保存修復ユニットの保存修復師が文化財を梱包し木箱に詰める、⑤収集した文化財情報をデータベースに登録する、という手順で行っています。③の写真撮影は、3月に金子専門家が取り纏めた撮影マニュアルと同じ月に開催された写真撮影ワークショップのおかげで、写真の精度がかなり向上しました。特にライトの使い方は飛躍的に向上し、数ヶ月前にとった写真と比べるとその差は歴然です。EMのDocumentation Sectionの学芸員からも評価をいただき、ADDが撮影した文化財の写真はEMのデータベースに利用されることになりました。  しかし、現場ではまだ解決しなければならない問題が山積みです。作業が円滑に進むよう、大エジプト博物館関係者と話し合い、一つずつ解決していく予定です。(鈴木 淳) 中王国時代の展示ギャラリーでの作業風景 ギャラリーでの撮影風景

エジプト考古学博物館(Egyptian Museum: EM)で大エジプト博物館用の文化財の調査を始めました。



  大エジプト博物館用の文化財の移送が始まりました。  2010年5月1日 今回と次回はITデータベース専門家の鈴木さんから考古データベース部門(ADD)の作業の進捗状況を報告してもらいます。 2010年1月27日より、カイロ近郊の文化財保管庫にある大エジプト博物館(GEM)展示用の文化財の移送が始まりました。 文化財の移送作業はエジプト側の責任で行われていますが、プロジェクトのADDスタッフもこの作業に立ち会っています。作業では、ADDが既に調査を完了した文化財を、GEM保存修復ユニットの保存修復師が梱包し木箱につめ、トラックで大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)に運びます。ADDスタッフは、移送中また移送後に文化財の所在がわからなくならないように文化財と共に移動し、それぞれの文化財がどの箱にあり、GEM-CC内のどの部屋に運ばれたのかをADD作成の移送用シートに書き込んでいます。その後、その情報はプロジェクト事務所にてデータベースに登録されています。 また、ADDは梱包・移送現場で働く保存修復師やエジプト考古学者の作業が円滑に進むよう、すでにADDによる調査が終わって移送する準備が整っている文化財のリストと写真をエジプト側の関係者全員に提供しています。 現場では、作業に必要な資材不足など準備が遅れたり、作業現場でエジプト人同士が衝突するなどのトラブルが多々ありましたが、4月末現在で、テルバスタ(Tell-Basta)90点、マンスーラ(Mansoura) 1,769点、ミニア(Miniya)309点、サッカラ(Saqqara)の一部 632点の文化財がGEM-CCに移送されました。現在、Gizaとカイロ・エジプト考古学博物館の文化財を移送しており、今後はSaqqaraの文化財も移送する予定になっています。それにあわせて、ADDはこれからも移送作業を支援していきます。(鈴木 淳) 移送用のシートに文化財の所在情報を書き込んでいるADDスタッフ   移送担当の保存修復師に番号などの情報を提供

大エジプト博物館用の文化財の移送が始まりました。



50
1-5-2010   Mr. Suzuki, an expert in information technology of databases, delivers us reports on workflow progress in Archeological Database Department (ADD). The 27th of January 2010, witnessed the beginning of transportation of selected artifacts from storerooms in different places of Cairo to be displayed in the GEM. The transportation of artifacts is mainly the responsibility of the Egyptian side, […]

Transportation of the Selected Artifacts Starts