Monthly Archives: April 2010


٣٠ أبريل ٢٠١٠  عقدت المحاضرة الأولى فى سلسلة المحاضرات التى تهدف إلى التفكير فى مستقبل المتحف المصرى الكبير  فى يوم ٢٩من شهر أبريل٢٠١٠ تمت دعوة خبير فى مجالات التراث الثقافى والمتاحف وعلم المصريات أيضاً لبدأ إنعقاد سلسلة محاضرات تمنح فريق عمل وحدة قاعدة البيانات الآثرية الـ ADD فرصة للتفكير فى أهمية عملهم الحالى وفى مستقبل المتحف المصرى الكبير. وإستغلالاً لتلك […]

المحاضرة الأولى فى سلسلة المحاضرات التى تهدف إلى التفكير فى ...



 تم إلقاء محاضرة  فى معهد الدراسات السياسية  فى يوم ١٨ أبريل ٢٠١٠ وبناءً على طلب وكيل وزير الخارجية بمصر، قام المنسق العام السيد / ناكامورا بإلقاء محاضرة عن المشروع على مدى ساعة ونصف.  عقدت المحاضرة فى معهد الدراسات السياسية وهو المبنى المجاور مباشرة لوزارة الخارجية (Institute for Diplomatic Studies) وحضرها ١٣ شاباً وفتاة من الدبلوماسيين الذين سيتم إرسالهم كمبعوثين للعمل […]

تم إلقاء محاضرة فى معهد الدراسات السياسية



2010年4月22日  エジプトの外交官研修所で講演しました  2010年4月18日、エジプト外務次官の依頼により、チーフ・アドバイザーの中村さんがプロジェクトについて1時間半にわたる講演をしました。  講演は、外務省のすぐ横にある外交官研修所(Institute  for Diplomatic Studies)で行われ、これから海外赴任の予定の若手外交官13名が参加しました。  講演は、外務次官によるオープニングの挨拶と中村さんの自己紹介で始まり、続いて、大エジプト博物館(GEM)を建設する理由と概要、それに付属する保存修復センターの意義と概要が写真を交えて説明されました。その後、プロジェクトの大きな流れと、これまでの成果、今後の活動予定が紹介されました。 説明の途中で、正確なデータベースを作るために、数字の書き方から統一させたことや調査にあたる収蔵庫の雑然とした様子など、プロジェクト活動中に出会った具体的な課題について、参加者はとくに興味を持って聞き入っていました。  また、日本には実は、正倉院という世界最古の保存修復センターがあることや、正倉院にあるトンボ玉が日本とエジプトとの最初の交流の証であること、明治維新直前にはサムライがカイロを訪問していたことなど、日本とエジプトの関係ははるか昔にまでさかのぼることが強調されました。  質疑応答では、円借款によるコンサルタント契約の遅延や保存修復センターの職員配置の遅延、不正確な文化財データベースの修正のほかに、どのような課題があるのかという核心をつくような質問が出されました。これに対して、中村さんから、各関係機関がGEMについて共通の理解をもっておく必要があるだろうとの回答がなされました。 最後に、「よい外交官になるためには自国の歴史をまず勉強してください」との中村さんの言葉に、みな目を輝かせて大きくうなずいていました。古代エジプトの歴史を伝えるGEM設立の重要性を改めて感じる講演でした。 (松田.真由美)     オープニングであいさつする外務次官と参加者                 トレーニングコースについて説明する中村さん

エジプトの外交官研修所で講演しました


22-4-2010   On April 18, 2010, Mr. Mikio Nakamura has given a one and a half hour lecture on the project in a response to a request from Undersecretary of the Ministry of Foreign Affairs in Egypt. The lecture was held in the Institute for Diplomatic Studies, which is located next to Ministry of Foreign Affairs building. Thirteen young diplomats, […]

Lecture at Institute for Diplomatic Studies


2010年4月1日 文化財の写真記録の方法(Photographic Documentation)を学ぶワークショップを開催しました 2010年3月14日から3月31日にかけて、大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)で働く保存修復師と文化財データベースの整備をすすめている本プロジェクトのADDスタッフを対象に、文化財の写真記録の方法(Photographic Documentation)を学ぶワークショップを開催しました。 写真は、インベントリーの作成や調査、展示解説、保存修復記録などに使われ、博物館活動にとってなくてはならないものです。そこで今回、日本から保存修復専門の青木さん(サイバー大学)と文化財撮影専門のカメラマンの杉本さん(西大寺フォト)を講師に迎えて、写真撮影の理論と実習を行いました。 まず、最初の2週間は保存修復師13名が参加し、画素数や解像度などカメラの機能、絞りやシャッタースピード、被写界深度など写真が写る仕組み、ホワイトバランスなどの色の調整などの理論を学びました。その後の実習では、特に構図や光のあて方など文化財撮影に必要な撮影方法を学びました。例えば、立体的な文化財を撮影する際には、その影を消すためにスタンドライトに薄紙をかぶせる、ガラス板に文化財をおいて上から撮影するときに、ストロボの光がガラスに反射しないようにするために板の下から光を当てるといった方法です。最後に、参加者それぞれデジタルカメラで撮影した画像をコンピューター上で現像し、画像処理ソフトを使って修正加工する方法を学びました。 参加した保存修復師たちの多くは、保存修復センターの各ラボの部長で、石や木材、染織品などそれぞれの専門に応じた撮影の仕方を質問するなど、熱心に講義を受けていました。今回のワークショップで、これまで仕事上、身につけた写真の知識と技術が体系化されたことが大きな成果となりました。 保存修復センターで行われたワークショップのオープニングでは石川大使からスピーチをいただきました。また、在エジプト日本大使館の協力を得て、ワークショップの様子も大きく報道されました。その他、文化省の映像撮影班もワークショップの様子を撮影に来るなど、いつものワークショップより活気のあるものとなりました。 最後の4日間は本プロジェクトのADDスタッフ6名が参加しました。すでにADDスタッフは普段の収蔵庫内での作業で文化財の撮影を行ってきたので、講義はデジタルカメラの基本的理論を学習後、これまでの撮影方法の改善策を指導する形で進められました。ワークショップ後には、三脚の使い方、ライトの使い方、カラースケールの使い方などが変わり、写真の質が格段に向上しました。エジプト考古学博物館の記録部門からも質の高さを認められ、ADDスタッフが撮影した写真をエジプト考古学博物館に提供することになりました。(了) オープニングスピーチをする石川大使 スピーチ後のGEM-CCラボ視察の様子 写真の理論について説明する杉本さん 絞りによる写真の写り方の違いを説明 サッカラ収蔵庫での実習風景 ライトの設定方法を指導する青木さん GEM-CCに帰って画像処理を学ぶ保存修復師 撮影時の光のあて方を学ぶADDスタッフ

文化財の写真記録の方法(Photographic Documentation)を学ぶワークショップを開催しました



57
1-4-2010 The training course of photographic documentation was held from 14th to 31st of March 2010 for conservators of the GEM-CC and Archeological Database Department team, who is working to correct the archeological database. Photography plays an important role in museum activities such as the recording during conservation, preparing descriptions of exhibits and the preparation of an inventory. Shigeo Aoki, […]

Photographic Documentation Training Course


عقدت دورة تدريبية لتعليم طرق التوثيق الفوتوجرافى(Photographic Documentation) على مدى الفترة من يوم ١٤ مارس ٢٠١٠ وحتى يوم ٣١ مارس ٢٠١٠ عقدت دورة للتدريب على طرق التوثيق الفوتوجرافى (Photographic Documentation) لكلٍ من المرممين العاملين بمركز حفظ وترميم GEM، وفريق الـADD العاملين بهذا المشروع على تصحيح قاعدة بيانات القطع الآثرية. وبما أن الصور تعتبر شىء لا يمكن الإستغناء عنه فى النشاط […]

دورة تدريبية لتعليم طرق التوثيق الفوتوجرافى(Photographic Documentation)